最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2018年12月25日 (火)

緑色の話:「緑い」となぜ言わない?、手術着はなぜ緑?

私は緑色が好きで、本のカバー、パソコンの待ち受け画面、服など緑系が多い。 それで、緑色にまつわることがで面白う話があるので書いてみることにした。この地球の大気は緑の植物があり、酸素ができて、人間が住めれるようになっている。しかし、しだいに緑(植物や樹木)が減少しているようであり、また大気汚染や人間にとって良くない成分の上昇が言われている。そこでここでは、緑に関する話をいくつか書いてみることにした。 ●信号機は緑なのにはなぜ「青信号」と呼ぶのか? 日本で初めて信号機が東京、日比谷交差点に設置されたのが1930年であり、当時の交通関係法令では「緑信号」と書かれていた。しかし、当時の新聞記事等で「青」と紹介されたことにより、信号機の色は青の呼び方が広まった。その後、法令も「青」と書き換えられたので、今まで特に変更することなく青信号と習慣的に呼ばれている。 元々、日本語では緑色のことを青と呼んでおり、緑の野菜を「青菜」、「隣の芝生は青い」(実際は緑)などと呼ぶ習慣があったため、緑色の信号灯を「青...

» 続きを読む

2018年4月17日 (火)

シドモア桜とはー日本の桜を紹介したアメリカ人とワシントンの桜の里帰り

日本の桜は美しく、国民の中に桜の文化が根付いている。最近では外国人観光客も日本の桜の満開に合わせて数多く来るようになった。東京の上野では、お花見も日本人のみでなく外人観光客も一緒にしているようになった。ワシントンやイギリスでも、お花見的な風景が見られるようになってきた。外国ではお花見というより戸外のピクニックのようなものだろう。こうした日本の桜を外国へ紹介して、その国に桜を定着させた人たちがいることを忘れてはならない。アメリカ、ワシントンのみごとな桜とその里帰りの桜について、知り得たことを書いてみた。 ■シドモア桜とは?ー100年以上前にワシントンに送った桜の里帰り誰もが知っていることではあるが、日本からアメリカのワシントンに桜の苗木が送られ、今ではとても大きく成長して、ポトマック河畔に一面に咲き、「全米桜祭り」(National Cherry Blossom Festival)も行われるようになった。ワシントン ポトマック河畔に咲く桜明治45(1912)年、東京市からワシントンに桜の苗木がおくられ...

» 続きを読む

2017年9月25日 (月)

六角形の不思議:蜂の巣はなぜ六角形/銀河系や宇宙も六角形?/自然は六角形が好き

世の中には三角、四角、五角、六角といろんな形やその組み合わせがある。それぞれの面白い話があるが、ここでは六角形および関連のことで面白そうな話をまとめてみた。もちろんここでの話以外にも面白いことはあるが、今知っている中で、六角形の話の一部を取り上げてみた。 ★蜂の巣はなぜ六角形? 蜂の巣は六角系で出来ている。なぜでしょう?これには六角形が蜂にとってとても良い形である理由のため。 ■蜂の巣 ハニカム構造と言われるものがある。ミツバチ(Honey)の 巣(Comb)という意味で、六角形の集合体です。このハニカム構造は、軽くて、丈夫 、しなやかで、蜂の巣が正にこの構造になっている。 では蜂の巣がなぜ六角形になるのか? 平面において、空間を隙間なく敷き詰めることのできるのは正三角形、正方形、正六角形になり「平面充填」といわれる。これは数学者のピタゴラス によって証明されている。円にすると間に隙間ができる。下記を参照下さい。 ■平面充填:  ■円形のつらなりでは隙間ができる。 ...

» 続きを読む

2017年5月24日 (水)

徳川家康は「まんじゅう」のおかげで天下を取れた?和菓子の日と嘉祥(かじょう)とは?

江戸幕府を開いた徳川家康は、ある意味運に恵まれ、家来に助けられ天下をとったが、実は家康と「まんじゅう」の切っても切れない関係があって、天下取りまでできたのではとの話がある。今回は家康とまんじゅう、家康と和菓子の日の6月16日と嘉祥の面白い関係を書いてみた。 ■負け戦の三方ヶ原の戦いの時、二つのまんじゅうと縁があり家康は生き延びた。 戦国時代、浜松の三方ヶ原の戦いで武田信玄に大敗した徳川家康が、浜松城へと逃げ帰る途中に、腹が減り、ある茶店で小豆餅を食べた。そこに武田軍の追手がやってきたので家康は代金も払わず慌てて逃げた。しかし、その茶店の老婆があとを追いかけて家康についに追いつき銭を取ったという話がある。そして家康は浜松城に逃げ帰って、なんとか命びろいして、その後運にも恵まれ天下をとった。 ●浜松の地名の名残で「銭取」というところがあり、上記の逸話にちなんだまんじゅうがある。 ●小豆餅という地名もある。 ...

» 続きを読む

2017年3月27日 (月)

ビールの栓(王冠)は世界共通、ワインのコルク栓はネジ栓より劣る?ー栓の話

いつも何気なく瓶ビールの栓をポンと抜いているが、考えてみるとこれがなかった時代は不便だっただろうなと思う。またネジ栓はいつできたのだろう。なぜネジ栓は瓶ビールには使わないのだろう。缶ビールのあの栓は簡単でいいけど、それがなかったころはどうしていたのだろう。ワインも、この頃はコルク栓がしだいに見られなくなってきているようだけど、どうしてなのか?日常なにも思わず使っている栓は、実はとっても大事な発明だった。そこでちょっと主に酒類の栓を中心に書いてみた。 ★ビール瓶の王冠(栓:crown cap)でいつでもどこでもビールが飲めるようになった。 昔、ビールの栓はなんとコルクだった時代がある。しかし、ビールの性質上、コルクやネジの栓では徐々にガスが出てしまう恐れがあった。密封して、しかも簡単に栓がとれて手軽に飲めないものかと工夫され、1892年アメリカで王冠の栓が開発された。日本ではキリンビールが1900年にこの栓を利用した。 ところで、この王冠栓には蓋の周りに21個のギザギザがついている。これには理由があ...

» 続きを読む

2017年1月18日 (水)

週の始まりは何曜日?週末とはいつ?欧州で採用の週番号とは?

カレンダーを見て、週の始まりは日曜日で、終わりは土曜日なんだな?でも週末は土日ではないかな?ちょっと矛盾する気がするけど。ヨーロッパで見るカレンダーや手帳には週の番号が振ってあり、それをビジネスなどでも使っているけど、日本に対して週番号を使ってくると混乱してしまう。こんな疑問が出てきたので、整理して書き留めてみた。 ★週の始まりは何曜日か? 日本ではカレンダーは、日曜日から週が始まっているものが多い。しかし中には月曜日からのものある。アメリカのカレンダーでは日曜日始まりが多く、ヨーロッパでは月曜日からが多い。しかしこれはカレンダーでの話であり、週の始まりの本当はどうなっているのだろう? *日曜日始まりのカレンダー 仕事や学校は、一般的には月曜から始る。これに対して、日本では、ほとんどのカレンダーは、日曜日から始まっている。ちょっと不思議だね?実はこれは宗教に関わりがある。キリスト教は日曜日はキリストが復活した日であり、休息日であり、また週の始まる日とされている。ユダヤ教では、休...

» 続きを読む

2016年12月 1日 (木)

スターバックスの名前は白鯨の航海士、カルディは最初にコーヒーを飲んだ少年の名:コーヒー関連の由来

「スターバックス」(Starbucks)って、どこから来た名前だろう?あの女性のロゴはなんだろう。「カルディ」(Kaldi)って、コーヒーや輸入雑貨を売っているが、変な名前だな? 「ドトール」(Doutor)も英語ではないし、どこの名前だろう。いつも行っているコーヒー関連の店から出て、ふと名前の意味を考えるが、すぐ「そんなことどうでいいや」で今まで過ぎた来た。でも、あるきっかけで、面白い名前の由来を知ることとなった。そこで忘れないうちに書き留めておこうと思った。コーヒーに関連する名前由来紹介する。 ★「スターバックス」はメルビルの小説「白鯨」の航海士の名前 スターバックスの創業者は小説家で海が好きだった。住んでいたところも米国北部、シアトルで海に面している。彼はメルビルの小説「白鯨」に出てくるコーヒー好きの一等航海士のスターバック(Starbuck)を思い出し、カフェを始める時に店の名前をスターバックス(Starbucks)にすることにした。他にも、シアトル南部にあるレーニア山にある鉱石採掘場S...

» 続きを読む

2016年10月12日 (水)

スコットランドあれこれ:ハリポタ、ウィスキー、桜など

数年前にイギリス北部のスコットランドを旅した。他の地域と比較しても印象がよく残っているのはなぜだろう。これは、スコットランドのイギリスからの独立問題、NHK朝ドラの「マッサン」の影響もあるのかもしれない。そして今、大阪のユニバーサル・スタジオ(USJ)はハリポタ(ハリーポッター)のアトラクションで倒産寸前のテーマパークが生き返った。そこでスコットランドを思い出しながら、関連する話題を取り上げてみた。 *スコットランドはイギリスの北部にある。 ★ハリーポッターはスコットランドなくして語れない。 ハリーポッターはロンドンから出発するが、大半の物語の舞台はスコットランドである。あの氷河地形が残る山々、木々や花からスコットランドが主力舞台なのが分かる。もちろん、他の地域で撮影したらしいのも見受けられる。 スコットランドの首都、エディンバラに行くと、どこからでも見えるのが、小高い山の上にあるエディンバラ城だ。ここはまさにハリポタの舞台。ホグワーツ城のモデルになったのがエディンバラ城といわれている。エデ...

» 続きを読む

2016年8月31日 (水)

緯度と経度は織物の横糸(緯糸)と縦糸(経糸)から来ていた。経緯(けいい)は織物の縦(経)と横(緯)組み合わせから。

緯度と経度って、世界地図を見ると、一定の間隔で横線と縦線が地球上を取り巻いている線ですね。この線はどうしてできたんだろうか?また日本語では緯度、経度と言うが、なぜこんな名前になったのだろうか?それには面白い織物との関係の由来がある。 最近、ちょっとしたことで、北九州の小倉の名産織物、「小倉織」のことを知った。 *小倉織 豊前小倉(北九州市)の特産である「小倉織」は、厚くて丈夫、つややかな木綿の布です。江戸時代、藩士の婦女が中心となって、綿を栽培し、糸を紡ぎ、織った木綿の布は小倉の特産品として各地に広がった。小倉織は経糸(たて)と緯(よこ)糸の数や太さの比率において、経(たて)が緯(よこ)に対し約3倍の密度がある。従って、この織物は独特の経(縦)じまが多い。かの徳川家康も愛用していたとか。徳川美術館には、「縞小倉羽織」が収蔵されています。幕末には「袴といえば小倉袴」と言われるほど武士の袴の主流となり、坂本龍馬も使っていた。 *坂本龍馬の小倉織の袴 小倉織について しか...

» 続きを読む

2016年8月 2日 (火)

夏になると女性は日傘をさすが、世界では異常なことらしい。日本は帽子、傘大国。

暑い夏、日本では、日傘をさす女性は若い人もシニア世代も数多いですね。ところが、外国へ旅行してみると、日傘をさす人はほとんど見られない。これは、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、暑い東南アジア、韓国、中国も同様です。欧米では目がアジア系より弱いこともありサングラスをかける方が多い。また日焼け止めクリームですます国が多いようだ。 外国人が日本へ来てみて驚くことの一つには、この夏の日傘があります。日本ではあたりまえどころか、この頃は、手にも日焼けの手袋(アームカバー)をして、さらには帽子をかぶった上に、顔全面に覆面のようにして、遠くから見ると全く人相がわからない人もいます。 これほどではなくても、ヨーロッパへ旅行に行った女性が、帽子を深くかぶり、日傘をさしたら、テロ警戒も強化されたこともあり、警察から不審者と間違えられ、騒動になったことがあり、ヨーロッパ旅行では、深い帽子、日傘は要注意です。日本人は結構、夏冬関係なく、深い帽子をかぶる傾向がある。ヨーロッパでは昔、印象派などが浅い帽子と小さな日傘をさした女性を描...

» 続きを読む

2016年6月18日 (土)

噴火で制限のあった箱根は随分元に戻っていた。

6月上旬、噴火でなんとなく避けていた箱根に行ってきた。予想より観光客も多く、特に外人、それも欧米人が多かった。あじさいは少し下の方で咲いていたが、名物のあじさい電車になるほどではなかった。晴れてはいたが、肝心の富士山のところに雲がかかっていて、時々しか見えなかった。 温泉も、大涌谷から引き湯している仙石原や強羅の山の上の方は、温泉がストップしていて困っているらしい。大涌谷からの引き湯は、白濁のいかにも温泉だったので残念だ。 桃源台(箱根、芦ノ湖畔)から、ロープウェイで一番上の大涌谷駅まで行ったが、駅から外へは出れなく、窓から眺めただけであった。乗るときに、変なにおいが気になる時使用してくださいと駅員がマスクをくれた。頂上まで上がってみると、ひさしぶりで、大涌谷の噴煙やあたりの景色を見て満足だった。誰かが、ここまでくれば「黒たまご」を売っているらしいと言っているのを聞いたので、探したが、狭い駅にはただロープウェイが回転しているだけで、何もなかった。しかし、下記で説明通リ、仙石原のあるところで売っていて、入...

» 続きを読む

2016年5月21日 (土)

太陽の色表現に赤は日本だけ?月の色も黄色とは限らない。

太陽や月の色は何色に描くかは国により違う。太陽の色を赤と表現するのは日本だけのようだ。どうして同じ太陽なのに世界で珍しく日本だけ色が違うのかな? ★太陽の色の表現は赤は日本だけ? 太陽の色は、日本は赤が主流だが、日本以外では白か黄色がほとんど。 欧米では太陽は黄色に表現するのが一般的です。欧米の絵本で太陽を見るとそうなっている。 しかし、東南アジアのタイは赤で描くこともあり日本と似ている。 ・ヨーロッパの諸国: 黄色 ・アメリカ: 黄色、オレンジ(黄金色/Golden sunshine)  注:ドレミの歌の歌詞に、「Ray, a drop of golden sun("レ"は 金色に輝く太陽のしずく)」   と、太陽を金色で表現。 ・オーストラリア: 黄色、オレンジ、白色 ・中国: 黄色、白 *日本の子供の絵:太陽は赤 *アメリカの子供の絵:太陽は黄色 では、なぜ日本人は太陽は赤と思い込んで...

» 続きを読む

2016年4月18日 (月)

虹色は七色とは限らない。国により色の数が違うのはなぜ?

虹の色を表現する数は七色と日本では決まっているが、実は国により色の数は違う。地域や文化、時代により違ってくるようだ。 *美しい二重の虹 ★虹の色は七色とは限らない。 *虹の色は日本では7色が般的で、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色である。 しかし、虹の色はよく見るとグラデーションになっていて、七色とは違うようだ。この虹色が7色というのは、万有引力の法則などで有名なイギリスの科学者・ニュートンが考え出したことと言われる。その当時のイギリスでは、虹の基本な色は赤・黄・緑・青・紫の5色と考えられていた。ニュートンはオレンジの橙色とインディゴ の藍色を加えて7色を虹の基本色とした。彼は虹の色はグラデーションで無限に変化していることを知っていたが、当時はいろいろなことを「7」と結び付けることがはやりだった。ニュートンは虹を7色としたが、イギリス一般では、虹の色が7色と全て統一されたわけではなかった。 ではなぜ七色なのか?ニュートンは虹を音楽に結びつけて考えていた。音...

» 続きを読む

2016年3月31日 (木)

内戦続きのアフガニスタンは世界でも有数な資源大国ー問題国は実は資源大国(北朝鮮、ギリシャなど)

米国からの報道よると、アフガニスタンにはすごい量の地下資源が眠っており、米国がここに関与しているのもそのせいかとのうがった話がある。また、紛争、何か問題があるような国には意外と地下資源が眠っており、問題国に変に関与している国には隠れた思惑があり、それが豊富な資源である。しかし、これらの国々が内部や他国とも仲良くし、紛争、内戦、国の民主的な安定化に努めれば、世界の資源はまだ尽きなく、変な争いも少なるのでは思われる。 ●アフガニスタンには豊富な鉱物資源があり、110兆円規模の量 アフガニスタンには金、鉄鉱石、リチウム、銅、コバルトなど約1兆ドル(約110兆円)規模の鉱物資源が眠っていると米ニューヨーク・タイムズは報じた。米政府高官の話によると、米国防総省スタッフと地質学者らのチームが、豊富な鉱物資源をアフガニスタンで2010年までに発見したと報じた。鉱床は、武装勢力タリバンとの戦闘が起きているパキスタンと国境の南部や東部地域などを含むアフガニスタン全土に散在しているらしい。今のところ鉱物資源の発見量が最も多...

» 続きを読む

2016年2月27日 (土)

地磁気逆転(北極と南極の磁気逆転)はいつ起こってもおかしくない。

アメリカの作家、クライブ・カッスラーは海洋冒険小説で有名だが、その中で「運命の地軸反転を阻止せよ!」という題の小説がある。地球の磁場を反転させようという企みを海洋冒険家が阻止する物語で、こんなことは現実にはないだろうと思っていたら、このところ、まもなく磁場反転が起きるかも知れないという記事が時々出るようになった。そこで、ちょっと調べてみたら、あるある、この手の情報が結構有り、かなりの信ぴょう性があるようだ。そこで、分かったことを書いてみた。 現在、磁石は「N極は北」「S極は南」の方角を示す。だがこの常識の磁場が移動もしくは反転するかもしれないことが科学的に言われてきた。これは「ポールシフト/Pole shift」と「地磁気逆転」いう現象。 地磁気逆転は過去に実際、何回も起こってきたことで、研究者によると360万年に11回起こっており、これは33万年に1回起こる計算になる。はっきりしている地磁気逆転は77万年前に起こったのではないかと推定され、その頃は今とは逆の、N極が南、S極が北だった...

» 続きを読む

2016年1月31日 (日)

申と動物の猿は直接の関係なしー2016年、申年と猿の話題あれこれ

2016年は申(さる)の年で、年賀状には「申」と「猿」のデザインが溢れていました。ところで、この申と動物の猿とは直接の関係はありません。どうして申が動物の猿になるのか不思議ですが、これは十二支へ動物を当てはめた、一種のこじつけです。

2016年 年賀状は申と猿

Images369

●申について

十二支では9番目の干支が「申」になります。この十二支は遥か昔、中国で農業に関連する暦として使われていた一種の農業用語です。これは農作物の成長を12段階で表す意味があり、暦として使われていました。それが、江戸時代に日本に伝承され、さらに庶民でも分かりやすいように、十二支に12の動物が当てはめられました。現在「申」を動物の「猿」としているのは、十二支を一般庶民にも広く理解してもらい、多数の字を読めない人でも、分かりやすく、憶えやすくするために、12の動物を割り当て、「申」には動物の「猿」が割り当てられました。

申年の「申」は本来は「しん」と読み、これには「伸びる」や「申す」という意味があります。「申」という漢字は「雷」が原字です。雷は、神が鳴らすものとされ、「神鳴り」とも書かれ「稲妻」を表した象形文字で、神の技のことです。この神の字の右側の申が現在の干支の「申」です。稲妻は、屈折しながら、あちこちの方向に伸び、走ることから、「申」を「のびる」という意味や、「もうす」という意味にもなってきました。申告(しんこく)や申請(しんせい)という言葉は、そういう漢字の意味からきていると言われます。また、江戸時代、一日24時間を十二支の時間で割り当てていましたが、申の時間は15時から17時のころの時間で、方角は南西微北を指しました。 ちなみに、今の12時のお昼のことを「正午(しょうご)」といいますが、この「午」は干支の「うま」のことで12時ころです。

また、「申」は病や厄が「去る」と云われ、縁起の良いものとされています。農業関連では、「草木が十分に伸びきったころで、実が成熟して香りと味が良く、固い殻におおわれていく時期」で、「伸びる」の意味があり、伸の字が簡略化され「申」になったとも言われます。ちなみに、農業関連では、十二支の1番目の「子(ね)」は、「増える」のことで、これから子孫を増やそうとする種子の時期のことであり、十二支の最後の12番目の 「亥(い)」は「とざす」という意味があり、新らしい命の「子」が生まれ、新しいいぶきが封じられいる時期のことです。

「十干」と「十二支」について

●2016年は「丙申」(ひのえさる)の年

ところで、2016年の干支は「丙申」(ひのえさる)です。 「甲乙丙丁」などの「干」が10個で「十干」(じゅっかん)となり、支が12個で「十二支」となり、それが組み合わさって干支(えと)と呼ばれ、合計すると60 種になります。還暦は60歳のことですが、生まれて干支の組み合せで60年になると1回転して、干支が元に戻ることから還暦と言われます。丙申は干支で33番目になります。 さて、この「丙申」(ひのえさる)の年は赤い色が縁起が良いとされます。こんな言い伝えがあります。

「丙申」(ひのえさる)の年に:

・赤い服を身に着けると病が去る。
・赤い肌着を贈られると、その後は下の世話にならないですむ。
・赤い下着を4枚贈られると、死(4)が去る。



「丙申」(ひのえさる)の年は赤が良い。

Index254


●赤と申/猿の関係とは?

「赤」とは、
「あかるい」がその語源になったといわれています。いろいろな色の中で、赤は、鮮やかで、明るく、すぐ目に付くものです。その鮮明な「赤」には、穢(けが)れを祓(はら)い、厄を落とし、魔よけの効果があるとされてきました。古代の土偶や埴輪には、赤い顔料を塗っていました。また、神社の鳥居も、お地蔵さんのよだれかけも皆赤い。お赤飯にも同様な意味があるとか。また「赤ちゃん」という呼び方は穢(けが)れていない、無垢(むく)の象徴でもあり、生命力の表現とも言えます。現在、赤信号、赤い消防車、赤い広告など、目に付き、注意を喚起する場合で赤が使われているのはこのためです。

このように、魔よけの意味があるとされる「赤」と「猿=去る」という言葉の組み合わせにより、申年(ひのえさる)には、赤い下着や服で災厄を避けるという風習ができてきました。有名なのは、東京・巣鴨の地蔵通り商店街で売っている赤い下着などです。かって、ここでは、申年の年に、縁起物の赤パンツを売り出したら評判になり、「おばあちゃんの原宿・巣鴨」=赤パンツのイメージができました。 


Images790


●十二支の順と申

十二支の順には話があります。神様への到着順は、ウシの背中に乗ったネズミが、神様の家の前でウシの背中から飛び降り駆けて、ネズミが1番目になったということです。申年(さるどし)は九番目で、続いて酉年(とりどし)・戌年(いぬどし)という順序なのですが、これは酉にあてはまるニワトリが、犬猿の仲と言われるサルとイヌの仲裁をしていたために、本来の順番に代わって、この順になったと言われています。 

干支の順番についての面白い話


●猿の語源とエテ公とは?

では、さる「猿」という言葉はどこから来たのでしょうか?いくつかの説があります。動物の中では猿は知恵が「まさっている」ということから、「マサル」になり、さる=「猿」になった。「猿」の「サ」は「騒ぐ」「騒がしい」の意味があり、「ニホンザル=日本猿」の鳴き声から由来しているのではないかとも言われています。

また猿を「エテ公」と言いますが、どうしてでしょう? それは、「サル」と云う音が「去る」と同じなので、昔、商人の間などでは、「サル=去る」は縁起が悪いと考えられて、忌み言葉となり、反対の言葉の「得て」が当てられました。日本語には、縁起が悪いものを、逆の意味の言葉に換えて使う、変な言い回しが多くあります。果物の「梨」を「ありの実」と呼ぶところがあり、これは「なし」の音が「無し」になり、縁起が悪いと考えたための逆の言い方です。「公」は、軽蔑的な意味でも使いますが、昔は親しみを込めて用いる言い方でもありました。先公(先生)とか「ご老公」、「貴公」なども同じですが、今ではあまり良い意味では使われないようです。

申と猿、不思議な縁と意味があるものですね。

» 続きを読む

2016年1月18日 (月)

40億年後に「アンドロメダ銀河】と衝突するとどうなる?

私は宇宙のことが好きです。頭がモヤモアしているときに、夜空を眺め、自分はなんて狭い考えの中にいるのだろうと気がつきます。そして今の心配事など考えるのはやめ、また明日と言い聞かせます。 ところで、今、私たちがいる銀河系が、40億年後には250万光年先の「アンドロメダ銀河」と確実に衝突しそうとの研究発表が出ているのを知っていますか? その時、地球はどうなるのだろう。どうも、地球も太陽系もあまり悲惨なことにはならないようで、この辺のことは私には良くわからない。アンドロメダ銀河は、私たちが肉眼で見ることができる最も遠い天体です。天の川銀河よりも大きな渦巻銀河で、直径22~26万光年 あり、直径で天の川銀河(直径8~10万光年)の倍くらいあります。 下記のページに詳しく、写真入りで書いてあります。 アンドロメダ銀河が天の川に衝突したら しかし、それより問題なのは、今の太陽がどんどん巨大化しており、14億年後ころには、ものすごい熱で、地球にはだれも住めないだろうということです。また70~80億年後には...

» 続きを読む

2016年1月16日 (土)

 1斤のパンは英語でなんと言う?/猫の香箱座り(こうばこずわり)は1斤のパン(Cat Loaf)

パン屋さんで各種の1斤のパンを売っています。「斤」って何の単位?、英語ではなんと言う?などと疑問を持ちました。そこで分かったことや、寄り道話を書いてみます。 パン屋さんで1斤のパンを買うことがありますね。でもパンの大きさはパンの種類によってまちまちです。外国には食パンという言い方はありません。ただ、イギリス・パンやフランス・パンの1塊のものはあります。これを英語では"a loaf of bread"(ひとかたまりのパン)といいます。1枚ずつ切ってあるパンは "a slice of bread"もしくは "a piece of bread"です。 1斤のパン しかし、日本ではパン一塊を1斤(いっきん)という言い方で売っています。パンがヨーロッパより導入された時、尺貫法で1斤=16両=160匁で重さを呼んでいました。1匁=3.756gのため、1斤は600gになります。しかし、その当時、イギリスからポンド(Pound)という重さの単位...

» 続きを読む

2016年1月12日 (火)

「雲の上はいつも晴れ」ー関連の言葉などから想う

「雲の上はいつも晴れ」という言葉はいつの頃からか、誰が言ったのかはっきりしませんが、名言、ことわざとして知られています。違う言い方では、「雲の向こうはいつも青空」(There is always light behind the clouds)と言う英語からの名言もあります。要するに、生きている間には、いい時も悪い時もある、そんなに落ち込まなくて、今日をしっかり生き、明日につなげようということです。類似の言葉は、言い方は違いますが他にも多く有ります。 またイギリスには、英語でちょっとニュアンスは違いますが、下記のことわざがあります。 Every cloud has a silver lining.「どんな暗雲にも銀の内張り(雲の縁から見える光の部分)がある」 中国から伝来の、日本でもよく言われる「人間万事塞翁が馬」ということわざがあります。これは「悪いことの後に良いこともあり、予測しがたい」という意味です。「雨降って地固まる」も類似の言葉です。歌に「それでも明日はやってくる」というのがありましたね。映画...

» 続きを読む

本ブログについて説明(移転データの説明など)

さまざまなことを自由に書いてみます。 このブログの記事データには、一部同じブロガーの他のところから転載したものがあります。したがって、ご覧の方は下記に留意のほどお願いします。 ・2016年の記事から、ここでの新規掲載記事となります。 ・2015年までの記事は、同じブロガーの他のところにあったブログのデータを転載したものです。一部に記事の割愛、移転不可などで省略があります。以前の記事へのコメントは削除してあり、また画像、URL、リンクなどは不完全がありえます。従って、2015年以前の記事へのコメントについては、原則対応、修正などはしません。 ・以前の記事は旧サイトに当面残してあり、旧サイトを参照するリンク、URLなどは記事の中で旧サイトのものとなっています。したがって、当面web上に、同時に二つの記事が存在しますが、やたらにコピーしたものではありません。 なお、2015年までの記事データは、当分の間、下記ページで閲覧できます。本ブログのサイドバーにもこのページのリンクがあります。 Jackと英語の...

» 続きを読む

2015年11月 5日 (木)

じゃがいもの話:じゃがいもと馬鈴薯/フライドポテトとフレンチフライの違いは?/台風コロッケって何?

私は「じゃがいも」が好きでよく食べます。今、じゃがいもは和食から洋食まで幅広く使われています。このじゃがいもにからむ話も多い。今回はそのなかで私が興味を持った話題を取り上げてみました。じゃがいもの専門家でもないので、四方山話として楽しんでください。 ●じゃがいもはどこが原産地で、どうして日本に来たのだろう? じゃがいもは、南米のアンデス山脈の標高4000m付近のところに自生していました。現地では食用としていました。じゃがいもは痩せた土地でも栽培ができます。 南米の種々のじゃがいも(ペルー) ヨーロッパにじゃがいもが伝来したのは、16世紀で、南米に遠征したスペイン人からでした。イギリスに16世紀後半に伝わりましたが、宮中の料理人が誤って毒のある葉と茎を調理したために、女王が食中毒を起こしてしまった話もあります。フランスでは「聖書に載っていない食べ物」という理由で食べるのを禁止することもあり、その伝来当初は、食品よりもその花を鑑賞するものとして扱われていました。その後、ドイツ、フランスなどで...

» 続きを読む

2015年9月14日 (月)

鳥に関連のことわざ:「鳴かず飛ばず」ー飛べばすごいことになる/「閑古鳥がなく」ー閑古鳥ってどの鳥?

いつも何気なく使っている「ことわざ」があります。そんなことわざの中に結構、鳥に関したものが多い。日本人が自然と親しみ、鳥など動物と、日常交流してきたことがうかがえます。ともすると、今では、動物は動物扱い、人から見て少しでも嫌なことがあればその動物は悪い動物との傾向が見られます。動物も生き物、人間も生き物で、地球の中では長いあいだ共生して生きてきました。人中心の独りよがりの見方、対処はどうかなと思うこともこのところ見られます。 そこで、数ある動物のうち「鳥」は普段から日常的に見ていますので、今回は「鳥に関することわざ」のうち、面白そうなものをいくつか取り上げてみました。 ★「鳴かず飛ばず」:いつまで鳴かない、飛ばないのか?飛べばすごいことになる? 一生懸命努力しているが、その割には目立った評価や結果がでないで、じっと待機状態の人のことを、「あの人は鳴かず飛ばずだね」などといいます。何もしないでいる人はこの言葉には当てはまりません。しかし、この言葉には実は上に期限のつく言葉がありました。それは「三...

» 続きを読む

2015年8月 7日 (金)

略号、記号のいわれ-世界の空港は3文字/鉛筆のH,F,Bとは/記号"?"," !"の始まりは

世の中には結構、略号・記号で使われ、それで覚えていることが多い。しかしその意味や内容を知らないでいることも多い。多くの略号・記号の内、日常生活でよく見聞きするものをいくつか今回は取りあげてみました。 ●世界の空港の略号は3文字 日本の空港で「NRT, HND, KIX, NGO」とはどこの空港のことかわかりますか?「NRT」は成田空港、「HND」は羽田空港でなんとなく分かります。「KIX」は関西空港であり、「NGO」とは中部国際空港(セントレア空港)のことです。関西空港など「Kansai International Airport」で、「KIA」としても良さそうなのに「KIX」です。どうして空港により名前と合っていない略号になったのでしょうか。しかもこの略号は海外旅行などへ行くと、それだけで表示されている掲示や印刷物があり、勘違いすることもありそうです。 世界中の空港は約1万港あります。国際航空運送協会(IATA)という組織が定めた、アルファベット3文字からなるコードが各空港に割り当てられています。こ...

» 続きを読む

2015年7月 7日 (火)

「唐獅子牡丹」と「獅子身中の虫」とは何のこと?/「竹に虎」の図柄とは?-日本にいない動物の図柄とは?

少し前に有名な俳優の高倉健さんが亡くなりました。健さんの主演の映画の主題歌、「唐獅子牡丹」が、このところカラオケではよく歌われているそうです。この「唐獅子牡丹」は古来より襖絵、陶器、刺青などの絵柄によく使われています。また「獅子」ではないですが、「虎」も昔からの絵によく出てきます。ことわざに「竹に虎」というのがあり、そのくらい昔から知られているということです。日本には、昔からいなかった動物がなぜこんなに図柄などに使われるようになったのでしょうか?今回は「牡丹と唐獅子」と「竹に虎」について書いてみました。 ●「唐獅子牡丹」と「獅子身中の虫」とは? 牡丹の花が5月の連休前後に咲く頃、私はいつも見に行っている牡丹園があります。ついでにシャクナゲ、藤なども咲いていたら見てきます。牡丹にはいろいろな種類があり、見事な大輪や珍しい柄の花もあります。牡丹の原産地は中国で、薬用に栽培されていたらしい。中国の宮殿ではこの花は大切にされ、牡丹といえば楊貴妃と言われるくらいはなやかさがあります。牡丹の花は「花の王」とも言わ...

» 続きを読む

2015年6月 9日 (火)

面白い地名の由来-その2:マンハッタンは酔っ払いの場所/ロンドンは勇敢な人/フランスは投げ槍族から

前回、面白い地名の由来を書きましたが、書きたらないので、その続編を今回は書いてみます。前回の記事は下記を参照下さい。今回は皆さんがよく知っている町や国を取り上げました。 前回記事: 面白い地名の由来:マドリードはママ逃げて!/カリフォルニアは空想上の楽園の地/イスラエルは神に勝つ者 ★ニューヨークのマンハッタン(Manhattan)は酔っ払いの場所 マンハッタン(Manhattan)というカクテルがあります。「カクテルの王様」はマティーニで、「カクテルの女王」はなぜかマンハッタンと言われます。ピンク色でやや甘口ですが、度数はけっこう高い。ウイスキーとスイートベルモットなどを組み合わせたものです。一方、アメリカのニューヨークの中心地には、摩天楼が立ち並ぶ島のマンハッタン(Manhattan)があります。このニューヨークのマンハッタンとカクテルのマッハッタンはなにか縁があるのでしょうか? マンハッタンという言葉は、もともとアメリカ先住民族の言葉で「酔っぱらった」という意味があったそうです。アメリカの初期...

» 続きを読む

2015年5月 8日 (金)

面白い地名の由来:マドリードはママ逃げて!/カリフォルニアは空想上の楽園の地/イスラエルは神に勝つ者

世界各地の地名には、面白い由来があって付けられた地名が多くあります。なんとなくいつも見聞きしていた地名でも、その裏には歴史や由来が潜んでいます。旅行やニュースでそうしたことを知っていると面白いし、なにかの話し合いで、ちょっとしたいきさつを話せると会話が弾みます。たくさんある内、今回は下記の地名を選んでみました。楽しんでください。 ★マドリード(Madrid)は「ママ逃げて!」の意味の町 スペインの首都マドリード(Madrid)は、イベリア半島のほぼ中央部にある、300万人を超える大都市ですが、その名前は最初からマドリードではありませんでした。9世紀にアラビア系の、後ウマイヤ朝のムハンマド1世が治めていた時代、現在の王宮の位置に砦がありました。この砦はMagerit(マヘリット)と呼ばれましたが、この砦が11世紀後半にキリスト教徒に奪取され、「Magerit」から「Madrit」(マドリット)と名前が変更され、これが次第にMadrid(マドリード)になったと言われます。 マドリードの王宮 また...

» 続きを読む

2015年4月 9日 (木)

招き猫は挙げ手と色に注意!/アメリカの招き猫は手が逆になっている

世の中には、幸運や福を呼ぶと言われる縁起物が多くあります。以前、東京の世田谷区にある豪徳寺に訪問したことがあり、その時知った、招き猫の由来が面白く、その後、なんだかんだで、我が家には四つの招き猫が置いてあります。今のところ、特別なにか良い幸運が来たようなことはありませんが、平穏無事で暮らしていることを思うと、これが幸せかも知れないとも思えてきます。そこで今回は招き猫についてのお話です。 ●招き猫の由来 それは江戸時代、1615年頃のことでした。今の世田谷区あたりにあった、曹洞宗のとあるお寺の和尚さんは、猫が大好きでした。この猫好き和尚さんがあるとき猫に、「お前も恩を分かるのなら何か良いことを招いてくれるといいのだが」とそれとなく話をしました。しばらくして、夏のある日に、寺の前が騒がしく、和尚さん寺から出てみたら、由緒ありそうな武士が、鷹狩の帰りに寺の前を通るときに、さかんに猫が何か招くようなしぐさをするので、「どうも変だなと思い寺を訪ねてきた」と武士は言いました。この武士が突然の雷と豪雨と会って...

» 続きを読む

2015年3月 9日 (月)

アイスクリームはいつ、どこから始まったのか?/氷砂糖は日本人の発明だった

この頃は冬でもアイスクリームがよく食べられています。冬でも暖房が効いていると、なにか冷たいものでも食べたくなります。日本人でもそうですが、アメリカ人はアイスクリームが好きな国民です。大きくて、甘いアイスクリームをペロリと平らげてしまうには驚きます。しかしアメリカ人に肥満が多くなり、他のスウィーツに切り替える動きもありますが、どうしてか、なかなかなアイスクリームからは離れられないようです。近頃はいろいろなタイプのアイスクリームもあり、今回はアイスクリームや氷にからんだ話にします。 ●アイスクリームはいつから始まったのだろう? アイスクリーム的なものの歴史は結構古い。古代ローマ人やその支配圏の人々は、山から取れる雪と氷に、蜂蜜や果汁を加えてクリーム状にした「ソルベット(イタリア語sorbetto」)」というものを食べていました。(注:フランス語で「ソルベ/sorbet」、英語で「シャーベット/sherbet」)。大帝国を作ったアレキサンダー大王は、氷雪を山から運ばせ、ミルクや果汁、糖蜜などを加えて冷...

» 続きを読む

2015年2月 7日 (土)

「蛍の光」と原曲「オールド・ラング・サイン」について-NHK朝ドラ「マッサン」にちなんで

2014年10月からNHK朝の連続ドラマで「マッサン」が放映され、視聴率も好調です。このドラマはニッカウィスキーの創始者である竹鶴政孝(マッサン)が、国産ウイスキーを初めて日本で作り上げるまでの苦労物語です。竹鶴は、若い頃、スコットランドに留学して、ウイスキーの作り方を学んできました。そしてサントリーの山崎工場で日本で初めての本格的なウイスキーを、サントリーの創始者である鳥居信治郎と共に造りました。その後、独立して、北海道の余市でニッカウイスキーを創設し、本格的なウイスキー作りが始まったのです。マッサン(竹鶴政孝)の奥さんはスコットランドに留学のときに知り合ったエリー(実際はリタ夫人)です。この人たちの名前は、テレビ・ドラマではすべて似たような名前に変えてあります。 リタ夫人(ドラマではエリー)の故郷はスコットランドであることから、番組の始まり場面はスコットランドの麦畑であり、しばしばスコットランド民謡の「蛍の光」が流れます。この歌は、日本では卒業式など別れの曲として扱われていますが、スコットランドではそ...

» 続きを読む

2015年1月11日 (日)

ダ・ビンチの「岩窟の聖母」には3枚目があった!/もう一つの「モナ・リザ」の謎?

前回の記事で2枚あるダ・ビンチの「岩窟の聖母」のいきさつとその違いを書きました。詳しくは下記をご覧下さい。 今回はその続きです。 前回の記事: レオナルド・ダ・ビンチ(Leonardo da Vinci)「岩窟の聖母」の謎:同じ絵が2枚あるのはなぜ、その違いは? ★ダ・ビンチの「岩窟の聖母」には3枚目の絵があった。 ダ・ビンチの「岩窟の聖母」はパリのルーブル美術館とロンドンのナショナルギャラリーに2枚あると、前回の記事で書きましたが、なんと3枚目の「岩窟の聖母」がありました。東京、渋谷の「Bunkamuraザ・ミュージアム」で2012年に開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」展で、3枚目の「岩窟の聖母」が展示されました。知らないでみたら、パリかロンドンの絵を借りてきて、展示したのかなとの錯覚が起こりそうな絵です。 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」展:展覧会ページ では3枚目の「巌窟の聖母」をご覧下さい。 「岩窟の聖母」:3枚目の絵(個人蔵、1495-97年頃) この展示...

» 続きを読む

2014年12月11日 (木)

レオナルド・ダ・ビンチ「岩窟の聖母」の謎:同じ絵が2枚あるのはなぜ、その違いは?

少し前に、レオナルド・ダ・ビンチの「岩窟の聖母」について記事の中に書いたことがあります。この絵はパリのルーブル美術館とロンドンのナショナル・ギャラリーと2枚の類似の構図の絵があります。類似の絵が何枚かあるのは他にもありますが、この絵は謎に満ちています。数年前には小説と映画で「ダ・ビンチ・コード」が大ヒットしましたが、その中でも「巌窟の聖母」が謎の暗号の一つとなっていました。岩窟の聖母は謎の多い、ミステリーじみた絵です。今回はこの絵に関連する謎めいたことを書いてみました。 ★レオナルド・ダ・ビンチ「岩窟の聖母」(Virgin of the Rocks)の二枚の絵の謎 ダ・ビンチの「岩窟の聖母」はパリのルーブル美術館と、ロンドンのナショナル・ギャラリーに同じような構図の絵が二枚有り、謎の多い絵といわれます。まずその二枚の絵を見てみましょう。 ルーブル美術館(パリ)の「岩窟の聖母」、制作:1483年 - 1486年、199 cm × 122 cm ナショナル・ギャラリー(ロンドン)の「岩窟の聖母...

» 続きを読む

2014年11月13日 (木)

クイズ(Quiz)はアイルランドの劇場オーナーの賭け話からできた?

皆さんはクイズ(Quiz)という言葉は、何か英語か外国語で謎々のことだろうと単純に思っていませんか?今では謎々の意味ですが、実はこの言葉の始まりには、必ずしも謎々ではない意味があり、また面白いいきさつがありました。 quizという言葉はなんとなく英語っぽくなく、あまり関連の言葉もないようです。このquizはどこから生まれたのでしょうか。色々と説はありますが、面白い説があります。1791年、アイルランドの首都ダブリン市に、「デイリー:Richard Daly」と言う劇場支配人がいました。デイリーは、仲間と飲んでいるとき、調子にのって「意味のない新しい言葉を一つ作って、一晩で流行らせる」との賭けをしたのです。デイリーは劇場支配人でしたので、劇場の職員全員に「QUIZ」と書いたカードを渡し、「町中の壁に落書きをする」ことを指示しました。 翌朝には、町中に「「QUIZ」」が書かれていて、町の人たちはこの不思議な「QUIZ」という単語の話に持ち切りになりました。この言葉はデイリーが思いつきで作ったので、皆に...

» 続きを読む

2014年10月23日 (木)

週の始まりは日曜日それとも月曜日?週番号とはなに?

カレンダーを見るとたいてい、日曜日から始まり、土曜日で終わっているが、中には月曜日から始まり日曜日で終わっているものがある。週末というと土日であり、なんとなく月曜日が始まりのように見える。ヨーロッパとアメリカではまた始まりは違うようです。本当はどこから1週間は始まるのだろう? カレンダー:日曜日始まりの藤城清治の影絵のカレンダー ★週の始まりは日曜日、それとも月曜日? 日本ではカレンダーは、日曜日から週が始まっているものが多い。しかし中には月曜日からのものある。アメリカのカレンダーでは日曜日始まりが多く、ヨーロッパでは月曜日からが多い。しかしこれはカレンダーでの話であり、週の始まりの本当はどうなっているのだろう? 仕事や学校で考えると、一般的には月曜から始まります。しかし日本では、ほとんどのカレンダーは、日曜からはじまっています。これは宗教に関係があります。キリスト教では日曜日はキリストが復活した日であり、休息日で、週の始まる日とされます。ユダヤ教では、休日は土曜日(神の天地創造の故事に由来...

» 続きを読む

2014年10月 2日 (木)

絵の大きさはなぜ号で表すのか?

絵の大きさは、「8号」などと、「号」で表します。共通に分かる、「センチ」や「A4/B5」などで表したら、皆が大きさを実感できるのにと思います。この「号」という言葉は他にも、雅号や船や飛行機の名前,犬など動物の名前にも使われています。一体どうして、絵の大きさを「号」で表すようになったのでしょうか? 絵の価格は、「号当たり」いくらとの決め方があります。もちろん作家やその絵自身の出来具合も影響します。先日、知り合いが、初めて画廊で自分の書いた絵を展示し、価格を付けることになりました。その際、一体いくらにしたらいいのだろうと随分考えたそうです。あまり高いと売れないし、安すぎるのも低く見られるようで変です。結局、画廊に相談して、絵の出来具合、絵の大きさをもとに設定しました。しかし売れたのは1点だけで、世間はそうは評価してくれないのだなと言っていました。 絵を描くときに、どの大きさにするかまず迷います。有名な絵には、すごく大きな風景でも小さなキャンバスに書いているものもあります。逆に、人物だけでもとても大きなキャン...

» 続きを読む

2014年9月10日 (水)

「黒田節」の飲兵衛侍は黒田24騎の一人/日の本一のこの槍とは?ードラマ「黒田官兵衛」にちなんんで

2014年のNHKの大河ドラマ「軍師 官兵衛」は正確な情勢の読みと、それに合った策略を編み出した「黒田官兵衛」が豊臣秀吉の天下取りに大いに貢献する物語です。黒田家には「黒田24騎」と言われる強い侍がいて、官兵衛を助けました。官兵衛だけでなく、これら家来達についても逸話が残っており、各種の絵や博多人形にもなっています。 「軍師 官兵衛」 「黒田節」と言われる歌があり、酒席でよく歌われる威勢のよい歌です。今回はドラマにはないこの「黒田節」(武士)の歌について書いてみました。     * * * * * * * * * * * * * * * まず「黒田節」の歌詞です(1番のみ)。 「酒は飲め飲め 飲むならば  日の本一のこの槍を 飲み取るほどに 飲むならば  これぞまことの 黒田武士」 この「黒田節」に登場する飲兵衛の武士は「黒田24騎」の一人、「母里太兵衛」(もりたへい)です。槍の名人で、体が大きく、豪傑、酒豪で知られていました。 「黒田24騎」は種々の絵や人形になっています。 「...

» 続きを読む

2014年8月21日 (木)

ハドリアヌスの長城、バース、バーデン・バーデンの温泉などー映画「テルマエ・ロマエ」にちなんで

今年前半の日本映画のヒット作品の一つに阿部寛・上戸彩主演の「テルマ・エロマエ2」があります。コミックからの映画化の続編で、古代ローマ人が日本の温泉にタイムスリップしてまたローマに戻り、日本温泉文化をもとにした浴場をローマやローマ帝国領内に作り上げる痛快な物語です。映画ではローマはもとより、北方の遠征先や日本の草津温泉、宝川温泉など各地の温泉が出てきます。古代ローマ人は大の温泉、風呂好きで占領したヨーロッパ各地に温泉を求め、種々のローマ文化を残しています。 「テルマエ・ロマエ/THERMAE ROMAE」とはラテン語のテルマエ(温泉、浴場)とロマエ(ローマ人の)ことで、「ローマ人の温泉」のような意味です。第1作目はローマでしたが、この続編映画は2013年ブルガリアの首都ソフィアの ヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオ(Nu Boyana Film Studios)にて撮影されました。もちろん日本の温泉の場面は、現実の草津など各地でロケされました。 映画「テルマエ・ロマエ2」 「テルマエ・ロマエ2」にち...

» 続きを読む

2014年8月 6日 (水)

天気予報、カーディガン、ラグラン袖、電信報道など多くのものがクリミア戦争から始まった。

ヨーロッパと中央アジアの境に黒海があります。この黒海に北から南方へ菱形状につき出しているのがクリミア半島です。ソ連が崩壊してから、ウクライナに所属してきました。しかし少し前に、ウクライナで政変があり、西側よりの政権ができると、ロシアは種々の理屈をつけてクリミア半島に介入し、事実上、自分の息のかかった地域にしようとしました。このクリミア半島には、ロシアは昔からの思いと権益があり、この政変に黙っていられなかったのです。 こんな事情を生んだこの地域の原因一つにクリミア戦争があります。今回はウクライナ情勢にからみ、クリミア戦争とそこから多くのさまざまなものが派生したことについて書いてみました。 ウクライナと人種、言語の分布 ★クリミア戦争とウクライナ、ロシアの関係とは クリミア戦争(Crimean War:1853‐56)は、強大なオスマントルコが弱ってきた間隙を狙うロシアと、ロシアの進出を嫌うイギリスやフランス、サルデーニャ(イタリア)との戦争でした。発端となる原因はトルコ領エルサレムの聖地管理権...

» 続きを読む

2014年7月17日 (木)

「ポン酢」の「ポン」はオランダ語?/「フルーツポンチ」の「ポン」はインドから?ー「ポン」の話

私はいろいろな料理によくポン酢をつけて食べています。このポンとはなんでしょうか? ポンがつくのは、ポンカン、デコポン、ポンジュース、味ポン、フルーツポンチ、はてはじゃんけんぽんまで多種多様で、それぞれのポンはなんなのでしょうか?今回は私がこんなに多いポンについて疑問に思い調べ、わかったことを書いてみます。 ★ポン酢のポンはオランダ語? 冬になると寒いので、鍋料理が多くなります。その鍋にはポン酢がかかせません。酸っぱい味と、柑橘類の味が微妙に絡んで鍋の中の料理につけると何とも言えない美味しさになります。ポン酢のポンは柑橘類のポンカンやザボンなどのポンと勘違いしてしまいますが、これはなんとオランダ語ponsから来ているのです。ポン酢とは、橙や酢橘、レモン、ライム、ユズ、カボスといった柑橘類の果汁に酢酸を加えて味をつけ、保存性を高めたものです。 今ではいろいろなポン酢があります。 オランダ語で、柑橘類の果汁全般を表すpons(ポンス)は、英語の punch (パンチ、ポンチ)と同様で、酒類のカクテ...

» 続きを読む

2014年6月18日 (水)

熱海で新しく出来た公園のジャカランダとブーゲンビリアの花を見ました

このブログでは何回かジャカランダ(jacaranda)の話題を書いています。ジャカランダは世界三大花木(カエンボク、ホウオウボク、ジャカランダ)の一つで、主に南半球の南アフリカやオーストラリアの春に花が咲きます。最近では、地中海沿岸やアメリカ、カリフォルニアなどでも植えられています。南米原産のジャカランダはさわやかな薄紫色の花を咲かせます。日本ではこれらの国のように、温暖で乾燥地帯ではなく、なかなか花は咲きません。日本では6月に主に開花します。南半球では日本の桜のように花だけがみごとに満開に咲きますが、日本のジャカランダは葉が出て、そして花が木の所々に咲きます。気候の違いで仕方がないですね。 我が家でも3年ほど前に、鉢植えのジャカランダが咲きました。土に植えたものでなく、ベランダの鉢で開花したのは珍しいようです。しかし、その後はどうしても咲いてくれません。そこで毎年のように、たくさんのジャカランダが見れる熱海に行っています。その熱海は今、花の街を目指して、今の時期、ジャカランダとブーゲンビリアが見れるよう...

» 続きを読む

2014年6月 7日 (土)

シャーロック・ホームズが居たロンドン、ベーカー街221Bはどこ?ーホームズをめぐる話

イギリスのコナンドイルによって創設された、19世紀後半を舞台とする名探偵「シャーロック・ホームズ」の物語は、今でも根強い人気があり、映画に、テレビ、漫画などに登場します。最近では英BBC放送の現代版シャーロックが次々と紹介され、新旧のシャーロック・ホームズが楽しめています。 さてこのシャーロック・ホームズには、知りたい情報や裏話がたくさんあり、シャーロキアンと呼ばれる人達はよく知っていますが、ここでは、私が知った、普通の人たちが興味ありそうな話題を取り上げてみました。私はシャーロキアンほどではありませんが、ホームズの数多くの小説、関連記事、映画を見聞しており、今の知識の一部をとりあえずまとめることにしました。 私がロンドンを訪れた際に、ベーカー街(Baker Street)の近くに行ったことがあります。なんの変哲もないビルが立ち並ぶ通リで、近くには蝋人形で有名な、マダム・タッソー館(Madame Tussauds)があり、いつも入場する行列が見られます(日本にも東京、お台場にあります)。ここを横目に見な...

» 続きを読む

2014年5月 9日 (金)

スチューワデスは豚小屋の番人から?/サッカーでhat trickはどうして帽子(hat)か?

英語の単語の中には単純な語源というより、「面白い由来話」があるものがあります。他のページでも何回か同様な記事を書いていますが、今回はそうしたいきさつや裏話がある英語の単語をいくつか紹介します。 ★スチューワデスは元は豚小屋の番人?★ かって飛行機に乗るとスチューワデス(stewardess)と呼ばれる女性客室乗務員がいました。さてこのスチューワデス(stewardess)の言葉は飛行機とは関係のないところから来ていました。 昔のヨーロッパでは、家畜はちょっとした財産であり、その管理は重要な仕事でした。この重要な仕事をする人は古代の英語では「stigweard」と言われていました。stigは「豚小屋」の意味で、weardは「番人」の意味でした。したがって「stigweard」は「豚小屋の番人」を意味していました。やがて、stigweardはstewardに変化してゆき、スチュワードは管理人、世話係、執事などの仕事をする人を指すようになりました。スチュワード/stewardは、英国のマナーハウス(mano...

» 続きを読む

2014年4月16日 (水)

七つの海ってどこですか?/ダイヤモンド・ヘッドってダイヤが採れる?ー面白い地理の話

私は地図が好きで、よく見ています。ところが時々、おや!と思うことがあります。そのときの疑問や発見を調べてゆくと面白いことがわかります。今回はその中で、ちょっと面白い話題を取り上げて見ました。 ★「七つの海」ってどことどこか知っていますか?★ 船員がよく、私は七つの海をまたいで活躍したなどといいます。この時の七つの海は世界中の海を飛び回った意味で言っているのですが、ではこの七つの海とはどこなんでしょうか? これが意外と知っている人が少ないのです。 現代では七つの海(the Seven Seas)は、「全世界の海」を表す言葉となっており、次の七つの海です。 全て大洋であるため、「七大洋」とも呼ばれます。 ・北大西洋、南大西洋、北太平洋、南太平洋、インド洋、北極海(北氷洋)、南極海(南氷洋) 七つの海 しかしこれは現代の七つの海であって、世界が狭かった古くの時代では違う七つの海がありました。15世紀ころの大航海時代では下記のようでした。 ・大西洋、地中海、カリブ海、メキシコ湾、太平洋、イン...

» 続きを読む

2014年3月22日 (土)

富士山の神社はどうして浅間神社?/こんぴらさんはワニからできた?ー神社よもやま話

私たち日本人はさまざまな形、状況により神社に接しています。外国人にはわからない神社に対する心があります。初詣、観光など日常的に神社には接していいますが、実は疑問が起きるものがあります。そこで今回はいくつかの興味ある神社の話を書いてみました。 ★富士山の神社はどうして浅間神社になったのか?★ 富士山は世界遺産に登録されて以来、急に富士山付近に訪れる観光客が増えたそうです。この富士山には富士山信仰の象徴たる浅間神社があります。しかし浅間神社といっても種々の浅間神社が各地にあります。もっとも代表的なのは富士市にある富士山本宮浅間神社です。しかし富士山で浅間(せんげん)の名がついているのはどうしてでしょう? 富士山本宮浅間神社 富士山麓の浅間神社は、富士山の噴火を鎮めるために、富士山を神(浅間神、浅間大神)として祀ったもので、中でも富士山本宮浅間大社(浅間大社ともいう)は最も早く建立されたものです。浅間大社は、全国に多数ある浅間神社の総本宮です。 この神社の「社記」によれば、第7代孝霊天皇の時代に...

» 続きを読む

2014年2月28日 (金)

「マイフェアレディ」にはロンドン方言コックニーとマザーグース「ロンドン橋」が絡んでいる

マイフェアレディ(My Fair Lady)という映画がかってありました。方言がひどいロンドンの下町の花売り娘を、立派なレディに仕立て上げる物語です。この中のコックニー(cockney)という英語の方言は今、意外なところで流行っています。今回はマイフェアレディとコックニーについての話です。 ★映画マイフェアレディMy Fair Ladyとは★ ロンドンの下町に住むイライザ( Eliza Doolittle/オードリー・ヘップバーン)はコベントガーデンで花売りをしている貧しい娘でした。寒い三月のある夜、ヒギンス教授(Henry Higgins/レックス・ハリソン)に言葉の訛りを指摘されてから、大きく人生が変ることになったのです。彼女にはロンドンの下層階級の言葉であるひどい「コックニー訛/cockney」がありました。そして、博士の家に住み込み、訛りの修正とレディへの教育が始まりました。それは彼女にとって、今までにない苦しい訓練でした。それから4カ月、イライザは美しい貴婦人として社交界へデビューしました。 ...

» 続きを読む

2014年2月 6日 (木)

キリンビールのロゴの麒麟は坂本龍馬のイメージから? 麒麟のマークには隠し文字がある。

ある時キリンビールの関係者と話していたら、キリンビールのロゴマーク(ブランド・ラベル)である麒麟(きりん)について面白い話を聞きました。興味ある話なので、今回はそれを紹介します。今年(2014年)は午年(うまどし)で麒麟(きりん)も体の一部は馬です。午年にちなんだ話題なるかもと思い書いてみました。 ★麒麟とは★ 麒麟とはアフリカにいる首の長い動物のことではなく、中国の伝説上の聖獣です。全体の形は鹿に似ていて、背丈は5mほど、顔は龍のようで、牛の尾と馬の蹄(ひづめ)をもち、雄は頭に角をもつ。その背毛は五色であり、全体の毛は黄色。一本の角があり、西洋のユニコーンと対比されます。 性質は穏やかで優しく、虫や植物の殺生を嫌います。歩くと、その跡は正確な円になり、曲がる時は直角に曲がります。中国の神聖な幻の動物とされ、1000年生きるいわれます。また中国の皇帝が、仁のある政治を行うと現れる神聖な生き物とされます。このことから、幼少から秀でた子どものことを、麒麟児と呼んでいます。ちなみにキリンには2種類の漢字があ...

» 続きを読む

2014年1月18日 (土)

ナポレオンとヒトラーをつなぐ不可解な数字129/ケネディはリンカーンの生まれ変わり?

世の中には特定の人や物で、不思議な共通点や関連性があることあります。なかなか説明できないものが多く、単なる偶然、ごじつけですましているものも多い。今回は、こんな不思議な一致や共通点がある歴史上の有名人のお話です。 ★ナポレオンとヒトラーをつなぐ不可解な数字「129」★ ナポレオンとヒトラーはフランスとドイツの独裁者で、一時期には一大帝国を作り、近隣諸国を従えた歴史上の有名人です。ところがこの二人は129年の差で皇帝や総統になっています。また不思議なことに129という数字で二人は結ばれています。それでは、どのくらい129があるか見てみましょう。 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)=ナポレオン1世 アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler) 1.まずフランス革命が1789年で、ドイツ革命が1918年であり、その差129年です。 2.ナポレオンがクーデターでフランスの政権を握ったのが1799年、ヒトラーのナチス党がドイツ議会に登場したのが1928年であり、そ...

» 続きを読む

2013年12月21日 (土)

ドーバーの白い崖はチョークの原料/ホワイトハウスが白いのは戦火による消失から:白の話

今まで色に関する記事をいくつか書いてきました。白(white)は色が付いているとは言えないけど種々の色の一つであることは確かです。白は比較的縁起の良いことに使われる色ですが、その白でも微妙に色具合は違います。誰だか忘れましたが有名な人が書いています。外国へずっと行っていた日本人が久しぶりに日本に帰り、障子の白さに感動したそうです。 では白(white)にからむ話を楽しんでください。 ★ドーバーの白い崖はチョークの原料だった★ イギリスとフランスの一番狭い海峡はドーバー海峡です(フランスではカレー海峡と呼ぶ)。一番狭い部分で約34キロです。この海峡のイギリス側の海岸は真っ白い垂直の崖が約100キロ程続いています。この白い崖は白亜紀の石灰岩で出来ており、学校の黒板などで使うチョークの原料です。この白い石灰岩は大昔、貝やサンゴ、その他海の生き物の死骸が分解されて石灰岩になり、地層の隆起によりドーバー海峡付近では地上に現れたものです。この白亜の美観を守るため、イギリスはあえて海岸線に防波堤など作ってはいません...

» 続きを読む

2013年12月 6日 (金)

Ham actorは大根役者/Ham(無線)は3人の名前からーHamをめぐる話

英語で"Ham"という単語があります。このHamにはいろいろな意味があり、いわくがあります。では"Ham"をめぐる話をお楽しみください。 ★大根役者は英語ではハム役者(Ham Actor)になるのはなぜ? 下手な役者のことを「大根役者」といいますね。少々演技がまずいくらいならこの言葉は使わず、どんな役をしても、どうしようもない程下手な役者が大根役者です。しかしこれを英語では"Ham actor"(ハム役者)といいます。ではどうして日本では「大根」で、英語では"Ham"なんでしょうか? 日本では、何をやっても演技が下手でどうしようもない役者を「大根役者」と言います。ではなぜ下手=大根なのか?それには諸説があります。 ・役者の付き人、予備の役者のことを「ダイコウ」と呼んだことからからきている。かって、歌舞伎の立役者が顔料を落とす際に、大根を使っていたので、大根を立役者の脇で切っていたお付き人のことをダイコウ呼んでいた。ここか...

» 続きを読む

2013年11月21日 (木)

Paper(紙)とBook(本)の言葉ができるまで:古代フェニキアとギリシャがからむ英語の裏話2

英語の言葉には歴史があり、物語があります。前回assassin(暗殺者)について書きましたが、今回も物語性のある単語としてPaperとBookを選んで書いてみました。 現在では種々の紙の種類があります。 本は最初は巻物、綴じものでした。 最近はパソコン、タブレット、スマホなどの利用で、紙や活字離れが進んでいると言われます。私はなるべく紙に書いた本を読むようにしています。またなるべく紙に書くようにしています。紙(paper)と本(book)という言葉には歴史的な物語があり、それははるか昔、フェニキアが栄えた頃までさかのぼります。 昔、フェニキアのある港町を、ギリシャ人はブブロス(bblos)と呼んでいました。今のレバノンの地中海沿いのこの港町は、現在はジュベイル(Jbeil)と呼ばれていて、ここの遺跡群はユネスコの世界文化遺産に登録されています。フェニキア人が紀元前3000年頃から住み始めたところであり、当時この町は、エジプト産のパピルスの貿易の拠点で、現地ではそこをグブル(gublu)とい...

» 続きを読む

2013年9月 6日 (金)

Assassin(暗殺者)は麻薬のとりこからー英語の裏話

英単語には面白い語源、由来があるものが多いが、単に語源を知るのだけでは面白味が少ない。私は裏話や逸話のようなものがある英単語に興味があります。英単語の小話として楽しんで、そして単語を覚えてください。今回はAssassin(暗殺者)についてです。 ●暗殺者(Assassin)は麻薬のとりこになった者から出てきた? 暗殺者は英語でAssassin(アサシン)(またはassassinator)と言います。大麻の花が咲き始めるころ、花の先端部を採取して刻んだものが「マリファナ」で、樹脂を板や棒状に固めたものを「ハシシュ」といいます。assassinとは大麻から作った麻薬剤である「ハシシュ(Hashish)を飲むもの」という意味のアラビア語に由来しています。その昔、イスラム教徒は大麻(ハシッシ、マリファナ)を鎮痛、興奮、麻酔などの薬として利用していました。では薬のような大麻がなぜ暗殺者と関係があるのでしょうか。実は文字どうり、麻薬を飲んで暗殺者になった話があるのです。それは「秘密の花園伝説」、「山の老人伝説」とも...

» 続きを読む

2013年8月19日 (月)

アメリカの首都はなぜワシントンD.C.と呼ぶのですか?

私の親戚に、長年アメリカの首都ワシントン(Washington)に住んでいる人がいて、ワシントンの話は良く聞きます。ワシントンはポトマック河畔に、日本から送られた桜並木があり、春には桜祭りが開催され、日本とは縁の深いところです。ところで、アメリカにはワシントンD.C.と呼ばれる首都とワシントン州、二つのワシン トンがあります。ただワシントンと言っただけではわからなく混乱しそうです。またDCとはなんでしょうか?今回はワシントンの名前と関連することを書いてみました。 ポトマック河畔の桜並木 ★アメリカの首都はどうしてワシントンD.C.になったのか? アメリカ人が「Washington」といった場合、たいていの場合西北部のワシントン州を指しています。しかし首都のWasingtonと言いたい場合は「Washington, D.C.」または「D.C.」と言いま す。「D.C.」とは、コロンビア特別区のことで「District of Columbia」の略語です。アメリ カには50の州がありますが、首都ワ...

» 続きを読む

2013年8月 6日 (火)

あなたはどちら"MIF or MIA?"-ミルクティーは紅茶とミルクどちらを先に入れるか?:紅茶の話

イギリスは紅茶大国ですが、Teaといえばたいていは紅茶で、ミルクティーが普通です。みんながそうではないのですが、砂糖はやめてもミルクは入れる人が多いようです。私もコーヒー、紅茶とも砂糖は入れませんが、ミルクだけは入れています。 イギリスも人種的に移民が多くなり、最近では必ずしも伝統的な紅茶ばかりではなくなってきているようです。 そこで今回はミルクティー(Tea with milk)と関連する紅茶などの話とします。 ★あなたはどちら、"MIF or MIA?";紅茶とミルクどちらを先に入れますか?★ イギリスの紅茶といえばミルクティーを思い浮かべられる方も多いかと思いますが、これは1870年頃から流行った飲み方です。そして、そのミルクティーを飲む時に、紅茶を先に入れるか、ミルクを先に入れて紅茶をそそぐか、イギリス人でも二手に分かれているそうです。その場合、この二手はMIF派かMIA派かと言われる事が有り、それはMIF=milk in first(ミルクが先)であり、MIA=...

» 続きを読む

2013年7月19日 (金)

chickenは料理されてもchickenなのに何故cowはbeefでpigはporkに変わるのか?

レストランで「ビーフステーキを食べる」といいますが、「牛(Cow)を食べる」と言いませんね。同様に「ポークソテーを食べる」とは言いますが、「豚(Pig)を食べる」とは言いません。では鳥を食べるときはチキンカレーなどと呼び、生きている鳥もチキン(Chicken)と呼び、なぜか共通です。英語では食卓に上がると、同じ動物なのに違う呼び方はどうして出来たのでしょうか。動物の呼び方には複雑は種類があり、なんかめんどうで覚えきれません。 そんなことで、今回は勉強がてら、生きた動物と肉になったの呼び方を調べてみました。 ★1000年前、イギリスはフランスのノルマン人に征服され、それが300年間続きました★ 英語では牛のこととはcow「雌牛」、ox(去勢された雄牛),bull「雄牛」とありますが、牛肉になるとは一般的にはbeef、子牛の肉は veal になります。また豚はpigですが、豚肉はporkと変わります。羊はsheepですが、羊の肉はmutton(マトン)で、lamb が子羊の肉となり、鹿deer の肉はve...

» 続きを読む

2013年7月 3日 (水)

ちょっと便利!ロンドン、パリの公的レンタル・サイクル

少し前にイギリスを訪れました。その際、ロンドンの中心街で青い色のレンタル・サイクルの貸出ポイントや、それに乗っている人を見かけました。青い自転車が多く置いてあるのを見て、始めはこれは何かなと思いましたが、その後これがロンドン・オリンピックの前から設置された公的な貸自転車システムと判りました。今回は世界的に流行ってきている都市部でのレンタサイクルについての話です。 ★ロンドンの公的レンタル・サイクルは何を目指しているのでしょうか?★ ロンドンの中心街ではよく「CYCLE HIRE」という標識の周りの自転車置き場に整然と並んだ青い自転車をよく見かけます。これが2010年7月からロンドン市営のレンタル・サイクルシステム「Barclays Cycle Hire」です。大手銀行のバークレー銀行がスポンサーなのでBarclayの名前が付けられました。今ではロンドン市民や観光客の足として結構利用されるようになりました。 ロンドンの青いレンタル・サイクル フランスのパリでは、2007年から同様なシステムが先...

» 続きを読む

2013年6月19日 (水)

仏料理はどうしてワインを多用するのか?/外国の水はどうして飲めないか?/ー硬水と軟水などの話

外国へ行くと、すぐにそこの水はそのまま飲めれるのかとても気になります。人が生活する上で、最も基本的な問題なので、用心の意味も込めて、このごろは外国ではミネラルをーターを購入して飲むことが多いですね。水には様々な成分が入っており、その純度、硬度、Ph値などが問題になります。そこで、今回は硬度から来る軟水と硬水を主にした話を取り上げてみました。もちろん水の良し悪しは硬度だけでなく他の要素も多くあります。外国に行く時や国内でミネラルウォーターを購入するときの参考にしてください。 ★仏料理はどうしてワインを多用するのか?★ ヨーロッパへ行くと、日本人はそこの水道水を、そのままではほとんど飲めないですね。またヨーロッパでは料理にも水道水はあまり使っていません。それは水にカルシュームやマグネシウムが多く含まれている硬水だからです。でも自然に採れる良い渓流、湧き水などのミネラルウォーターは適度な成分量でニ酸化炭素などが含まれていて、日本人でもたいてい飲めます。 特にフランスの水はミネラル分が多い。そのまま水...

» 続きを読む

2013年6月 3日 (月)

Breakfast(朝食)は断食を破ること?ー朝食Breakfast)あれこれ

英語で朝食のことはBreakfastといいますが、これは断食(fast)を破る(break)という意味になります。では朝食が何故断食を破ることなんでしょうか? ここでいう断食とは、前の晩から食を断っていることを言い、睡眠時間は「断食時間」であるといえます。一日の始まりに断食(fast)を断って(break)取る食事だからBreakfastなったのです。フランス語でも朝食は同様な意味があるようです。 さて朝食のことですが、日本では、ご飯に味噌汁、焼き魚、お新香、海苔など出るのが定番ですね。しかし今の日本ではこのような朝食を実際とっている家庭は少ないようです。パン食だったり、ご飯でも違うおかずが増えているそうです。 海外旅行に行くと欧米では、アメリカン・ブレックファースト、コンチネンタル・ブレックファースト、イングリッシュ・ブレックファーストの言葉をよく聞きます。ではこの違いは何でしょうか? ・アメリカン・ブレックファースト(American breakfast) アメリカ風の朝食のことです。コーヒ...

» 続きを読む

2013年5月11日 (土)

この言葉どうしてこう言うのかな?ー続編:メールの@はなぜアドレスの表示?/マカロニは法王の発した言葉

前回、同様なテーマで書きましたが、まだ話がありますので、これは続編です。今回も普段何気なく使っている言葉が、どうしてこんな言い方をするのだろうについて主に外国語に絡むものです。 ★電子メールの@はどうしてメールアドレスに使われるようになったか? このところパソコン、スマホなどの電子メールの利用状況は目を見張るものがあります。そのメールに必ず途中にあるのが@マーク(アット・マーク)。このマークどうしてメールに使われだしたのだろうと思いました。 電子メールの仕組み この@マークは1971年、電子メールの創始者であるレイ・トムリンソン/Ray Tomlinsonがメールアドレスのユーザー名とホスト名の間の記号として使ったことから、世界中で使われるようになりました。メール・アドレスがだらだらと続けて書かれていたら、名前と所属の境界がはっきりしません。また名前と紛らわしいので、記号としてアルファベットを使うわけにはいきません。名前と所属の区切りはどこなのか彼は考えました。そして@マークが一番良いと選定...

» 続きを読む

2013年5月 5日 (日)

この言葉どうしてこう言うのかな?ーコンピュータは樹木の剪定から/何故トイレはWCなのか?

私たちが普段何気なく使っている言葉には、どうしてこんな言い方をするのだろうと変に思うものがあります。しかし、日常ではあまりにも当たり前なので、いちいち人に聞くのもちょっとと思うし、調べるのも当たり前のことなのでめんどくさくなります。今回はそうした普段何気なく使っているけれど、どうして?と言われると疑問が湧いてくるような言葉のうち、外国語に関連する事柄について書いてみました。 ★コンピュータという言葉は樹木の剪定から。 今やコンピュータ時代と言ってもいいほど普及した「コンピュータ」(Computer)という言葉。"Computer"は計算するという意味の"compute"に"r"をつけて名詞形にした「計算機」です。 この"compute"はラテン語の"computare" に由来します。 "computare"は、"com"が「一緒に」「完全に」であり、"...

» 続きを読む

2013年4月18日 (木)

桃源郷、シャングリラ、ユートピアー理想郷あれこれ

桃の花が咲き乱れる季節になりました。場所によっては、桃の花が里一杯に咲き誇り、春の野山はまさに桃源郷のようになります。私はこのような風景を過去に何回か目にして、本当の桃源郷はどこにあるのだろうと、ずっと前から思っていました。 今回はどの人も心の中で密かに探している桃源郷など理想郷のことについて考えてみました。 ★桃源郷はどこにあるのだろう。 中国の晋の時代、詩人の「陶淵明」という人が「桃花源記」を書いています。それが桃源郷と言われるものです。               * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 中国の武陵の近くに一人の漁師が住んでいました。漁師は魚を追って険しい渓谷の川をさかのぼって行くうちに方向を見失い、自分がどこにいるのか分からなくなってしまいました。気がつくと、あたりは一面の桃の林でした。陽光で桃の花は輝き、まわりの林は芳しい香りにつつまれ、...

» 続きを読む

2013年4月 4日 (木)

「すし」の言葉:醤油ってどうして「むらさき」?/「助六寿司」はなぜ稲荷寿司と巻き寿司なの?

お寿司屋さんに行くとちょっとわからない独特の言葉が聞こえます。お客にもその言葉で話しかけてくることがあります。お客も通ぶってそんな言葉を使っている人がいます。本当は通ぶらないで普通に言うのが店側には受けがいいようです。しかし、どうしても聞こえてくる主な言葉だけでも、少しは知っておくのも損はありません。 そこで今回は、私が寿司屋でよく聞く言葉や関連の話をまとめてみました。お寿司屋さんや回転寿司へ行く時の参考にしてください。 鮨(すし)はかっては、山奥の民族が川魚を保存するために、炊き込んだ麦や豆に浸け、自然発酵させたのが原形と言われます。江戸時代にはファーストフードとして屋台で売られ、次第に庶民に広がってきました。全国には押し寿司、バッテラ、なれずしなど様々な形、味の寿司があり、とても幅の広い食べ物です。最近では世界でも流行っていて、回転寿司も各国に出来ています。このような日本の立派な食べ物の言葉を少しでも覚えておきましょう。 しかし、これらの言葉は寿司店内、業者の言葉であり、基本的に客が使う言葉ではあ...

» 続きを読む

«数字「3」をめぐるよもやま話:東京タワーは3づくしの不思議